渋谷のクリニックでインプラントを

インプラントの歴史は相当古く、紀元3世紀ローマ時代の人骨に埋められた遺物もありますが、治療法が確実になってきたのは近年です。
1952年チタンを骨に埋めると骨と結合する現象が見つかり、スクリュー型チタン製インプラントの臨床応用が始まり、以降の臨床成績は著しく向上しました。

今では全国的に普及し、歯科治療の一部門になってます。


渋谷の歯科クリニックでも、インプラントは日常の診療の中で行われ、ベテランの歯科医は臨床実績も豊富です。
インプラントは顎骨の歯のない箇所の骨の中にチタン製品を埋め込みますから、体調が良くて骨が丈夫である事が条件です。
そのためCTスキャンなどで顎を撮影し、骨の状態等を検査してから行われます。

東京のマイクロスコープの情報を要約した情報サイトです。

手術は無菌的に行います。洗浄する水も滅菌水を使用し、チタン製品も完全滅菌品を使いますので、細菌感染などが起こらないようになってます。

手術による損傷を最低限に留め、術後は冠を作成する事が多いので、術後の違和感も少ないです。

BIGLOBEニュースついてはこちらのサイトでご確認ください。

インプラントは渋谷などで開業している熟練の歯科医師が行えば、成績は極めて良好なので安心して施術を受けられます。ただ、社会保険はききませんから、私費となって高額になりますが、最近では価格も下がってきましたし、金利の安いデンタルローンも可能となっております。

歯の欠損がある方、ブリッジを入れなければならない人、義歯は嫌だと思われる方は、渋谷のクリニックで相談されると良いでしょう。